FAT ADAPTATIONで脂質をエネルギーとして利用しやすい身体に調整しよう

FAT ADAPTATIONで脂質をエネルギーとして利用しやすい身体に調整しよう

FAT ADAPTATION「ファット・アダプテーション」を初めて目にした方も多いと思います。

安静時、運動時に脂質をエネルギーとして利用しやすい身体に調整することです。

人間のエネルギーは糖質・脂質・タンパク質です。
エネルギーに変えられる栄養だから三大栄養素と呼ばれているのはご存知の通りですが


どの栄養素がメインエネルギーにするかは普段の食生活で決まります。
現代は糖質に溢れています。コンビニに入って「栄養成分表示」を見てみるとほとんどの食品で炭水化物(糖質)が半分以上を占めている食品の多さに驚くと思います。

自分のエネルギー源について関心を持たない状態では、摂取する栄養が糖質に偏ってしまうので必然的にメインエネルギーも糖質に偏ってしまいます。
糖質摂取 → 糖質を優先的に消費 → 糖質を要求 → 糖質を摂取

と言うようにエネルギー回路が糖質ばっかりになってしまいます。
どうしてそうなるのかは、カテコールアミンと呼ばれるホルモンの働きが関わっていて少々難しい話になるので興味のある人は深掘りしてみてください。

体に蓄える量が少ない糖質エネルギーの回路では、エネルギー切れしてしまわないように常に糖質を体が要求してきます。
すると、長時間の運動や仕事でエネルギーが不足して集中力が落ちたり、運動や仕事のパフォーマンスが落ちてすぐ休憩したくなったりすぐに気分転換や眠気が襲ってきたりして、自分の身体をコントロールしづらくなってきます。

朝から晩まで山の中で遊びっぱなしの友人や、始業から終業まで集中力を維持するような人は、自分が使うエネルギーを上手にコントロールしている。決して気合と根性の世界だけでパフォーマンスは上がりません。

FAT ADAPTATIONは糖質に偏った(と思われる)食生活を見直してエネルギー切れを起こさずにパフォーマンスをあげましょうって事なんです。
実践した人は「体重が落ちた」とか、「食べなくてもお腹が減らなくなった」という事を言っていますが、FAT ADAPTATIONの本質は

”脂質を有効利用してパフォーマンスをあげる”

と言うところにあります。

実践する為に

CHIMERA EVERYDAYを購入する¥ 4,730

1、1日15時間以上のファスティング

  FAT ADAPTATIONでのファスティングとは、「インスリンが追加分泌されない時間」です。
インスリンの追加分泌とは、口から食べ物・飲み物の摂取をきっかけに起こる分泌の事

2、1ヶ月継続させる

1日15時間のファスティングを行うと、指先の冷えや集中力の低下、お腹が鳴るなどの反応が出ます。このような拒否反応が落ち着き、効果が感じられるようになるのに個人差はありますが、1ヶ月を目安に続けていただくとほとんどの方で効果が出ているようです。

ファスティングを行う時におすすめなのが、CHIMERA EVERYDAYを使った飲み物です。
CHIMERA EVERYDAYはMCTオイルを主成分としたパウダーで、飲み物に溶かして摂取できるように作られています。

主にコーヒーに混ぜて飲む事をおすすめしていますが、紅茶や炭酸水のように糖質が入っていない飲み物もおすすめです。
インスリンは糖質に最も敏感に反応します。タンパク質にも反応しますが、三大栄養素の中で唯一脂質には反応しません。
CHIMERA EVERYDAYでエネルギー補給すると同時に、MCTオイルの消化吸収がよくエネルギーになりやすい特徴を取り入れる事でFAT ADAPTATIONを加速させる事ができます。

通常のMCTオイルパウダーに加えて脂質代謝に必要なミネラルやビタミンなどを加えているのでより安心してファスティングを行えます。

CHIMERA EVERYDAYを購入する¥ 4,730

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です